ロッカールーム

 

サッカー・ワールドカップは、ロシア各地で熱戦がまだ続いています。我らが日本代表は、下馬評を上回る大健闘を見せ予選リーグを突破、決勝トーナメント一回戦で強豪ベルギーと熾烈な死闘を演じ、最後のラストプレーで決められて力尽きましたが、全世界にその実力を示したといえます。

 
ところで・・・
 
日本のワールドカップといえば、いつも話題に上がるのが、スタンドでのサポーターの行いです。今回も、「名物」となったゴミ拾いは世界中の話題になりました。ベルギー戦の敗退直後、泣きながらゴミを拾う日本サポーターの姿が、大々的にシェアされましたね。
 
そして・・・今回、FIFAのアメリカ人スタッフが投稿した一枚の写真が、大きな反響を呼んでいます。
 
ベルギー戦後の日本代表ロッカールーム。メディア対応に出て行く前、すなわち試合終了の直後に、チームスタッフがロッカーを片付け、しかもロシア語で「スパシーバ」(ありがとう)とメッセージカードを残して立ち去ったところを、FIFAの運営担当者が写真におさめ、Twitterアカウントに投稿。彼女いわく、
 
This is the Japanese dressingroom after losing to Belgium in the 94’ minute. Thanked their fans in the stadium, cleaned up everything (bench and dressingroom) and spoke to media. Even left note with ‘thank you’ in Russian. What an example for all teams!! Privilege to work with! 
 
<こちらは、ベルギー相手に94分の激闘の末敗退した日本チームの更衣室の様子。スタジアムのファンに感謝し、ベンチも更衣室も片付けて、それからメディア対応をした。ロシア語で「ありがとう」というメッセージまで残して。なんという素晴らしいお手本!一緒に働けて光栄よ!>
 
こちらが、世界中で拡散。あまりの反響の大きさゆえか、元ツィートが数時間後になぜか削除されてしまいましたが、多数のコメント・リツィートなど、短時間で2万に迫るエンゲージメントを獲得したものと思われます。
 
HubNamiでは、特定ブランドや組織、有名人などの公式アカウントについては過去に遡ってデータを取得することができますが、一般個人のアカウントについてはこの限りではありません。よって、詳細を後追いでレポートするわけにはいかないのですが・・・
 
試合の面白さと、試合にまつわる様々な話題性。今回の代表チームは、さまざまなインパクトを残して、ピッチを去りました。