ペット写真にひそむリスク

 

Youtubeの人気者、ヒカキンさんが猫の写真で炎上しているとは聞いておりましたが、単に保護猫ではない猫をペットショップで買ったという行為が非難されているのかと思っておりました・・・正直なところ、それで非難されてしまうのは、人気者とはいえいささか酷かという印象を持っていたのですが、背景にこんな大変な事実があったのですね(まあ、それでもヒカキンさんの過失ではありませんが・・・)

 
 
人間の身勝手で産み出された(繁殖させられた?)愛くるしい猫が、実は一生ついてまわる苦痛に苛まれ続けているかもしれないとは・・・意図的ならばもちろん、そうと知らずに飼うことにも、非難が集まって当然かもしれません。
 
猫や、かわいいペットの写真や動画は、ソーシャルメディアにおける王道のコンテンツです(この文脈では、ペットたちを、王道のコンテンツ、という経済的価値に換算した書き方をすること自体が問題を孕んでいるかもしれませんが、とりあえずご容赦を)。不特定多数のオーディエンスから、最大多数の共感やポジティブなフィードバックを得たいとき、大きな威力を発揮する最終兵器みたいなものです。
 
また、ペットは、誰からも批判を受けない、まさに万人むけなコンテンツとしても重宝されてきました。
 
しかし、今回の一件は、もはや、そうした甘えは通用しないということを如実に示しています。すなわち、問題とされている動物への虐待や非倫理的な営為に関与している、と指弾されるかもしれないリスクに、企業の側も敏感になっていないといけないというわけです。単に「かわいい」から動物の写真をあしらった投稿などを行う場合、事前に、その動物にまつわる問題点やリスクなどを洗い出し、認識しておく必要があるということですね。
 
いや・・・むしろ、積極的にこうしたペットにまつわる問題の解決や動物の苦痛の軽減に関与している姿勢を見せておくのもいいかもしれません。筆者の友人が、「保護猫カフェ」を運営していますが、もともと営利事業ではないため、猫を24時間室内に放しておくためのコストがかなりかかるそうです。それを埋め合わせるため、猫とお客さんが触れ合えるような場を作ったり、関連グッズを売ったり、あるいは保護猫を譲渡したり・・・様々な活動をしています。保護猫カフェは全国に複数あり、取材やタイアップについて基本的に歓迎のところも多いそうなので、問い合わせてみては。
 
Photo on Visual hunt