ニュース
  • 「打ち消し表示」

     

    「個人の感想」広告表示 法違反の可能性も  (日テレnews24)

     

     

    「個人の感想です」と通販番組のテロップに出てくるのは、「打ち消し表示」と呼ばれているのですね・・・わたしは、不動産の表示のように、景表法などに準拠した、もっとしっかりとした決め事なのだと思い込んでいました。

     

     

  • 近くて厚い壁の向こう

     

    日頃、アメリカや日本のマーケット事情ばかりを追い求める傾向がある私たちですが、すぐ近くにある世界一の巨大市場について、ついつい情報不足に陥ってしまうことがあるので気をつけないといけません。

     

    ちょっと前まで、ほとんどの中国人ネットユーザーが使っていたというQQがいつのまにか廃れ、騰訊(テンセント)社による、微信(WeCHAT)が全盛を迎え、日本人の知らないさまざまな有名人がインターネットから生まれてきています。

     

    こちら、張大奕(ジャン・ダーイー)は、まだ20代の女性モデルですが、ECショップを、アリババの運営する淘宝網(タオバオ)に出店し、自らをモデルにした写真を大量に露出させ直接、売りにつなげています。

    年収50億円の29歳、世界最強インフルエンサーの素顔 (WWD

  • HubNami新機能追加のお知らせ:「コンテンツ」リンクの表示について

    先月のインターフェース・リニューアルにつづき、HubNamiに、新機能搭載のお知らせ!

     

    ...といっても、今回はちょっと地味なアップデートです(笑)。しかし、たくさんご要望が寄せられていたパーツですので、この機会にご紹介しておきますね。

    こちらの画面写真をごらんください。

     

     

     

     

    ユーザー様で設定いただいた、あるひとつのダッシュボードですが、ここは、トップページに当たります。

     

    右上のほうの赤丸のなか、「コンテンツ」というメニューがあることにお気づきでしょうか。

    この「コンテンツ」ですが、ダッシュボードの分析画面のなかから、直接、該当するエントリー(投稿)に飛べる優れもの機能。なにか大きなアクティビティがあったときなどに、その原因を探ることのできる、HubNamiでもっとも使えるとご評価をいただいている売り物機能です。

     

  • おそるべき眼力

     

    こういう仕事をしていても、世に言う「おじさん」である私などは、純粋に個人として多用しているソーシャルメディアは、やはりFacebookとTwitter、Instagramの御三家に、YoutubeとLINE程度のものです。

     

    SNOWやB612などの、メディアというか自撮り加工ツールのようなものは、かなり後になるまでよく知らず、Snapchat は、ダウンロードしてみたものの、日常的にメッセージをやり取りする機会はほとんどなく(主として相手がいない)、ミクチャに至っては、なんだかアクセスすることすら憚られる気がしております...。

     

    こんなわけなので、何度か、若年層や若い女性層などのソーシャルメディア利用について触れてきましたが、さいきんは、自分自身ますます訳がわからなくなっています。

     

  • 二匹目のウナギ

    今回は、ちょっと危ない話題。

     

    鹿児島県が「うなぎのうな子」という県のPR動画を公開し、大騒ぎになったことはまだ記憶に新しいところです。

    その後、こんどは宮城県が、タレントの壇蜜さんを起用した動画を制作し、こちらも大炎上。多くの批判にさらされますが、ある意味でメディアでの露出量は確保し、「バズらせる」目的は達した、という趣旨の記事です。

     

    壇蜜起用の宮城県動画が炎上!「エロでPR」が絶えない理由

     

  • CMスキップ!

     

    その昔、50%以上(!)という高視聴率をたたき出した人気番組「8時だよ!全員集合」は、当時の日本中の子供達がみんな見ていたといっていいお化け番組でした。売り物は、ザ・ドリフターズが暴れまわる、舞台収録のドタバタコント。ときに生中継で放映され、場所は東京の渋谷公会堂(現C.C.レモンホール)。ドリフターズのメンバーは、まず観客席で笑う子供たちのさまを見、次に控え室の窓から向こうの団地の部屋で、テレビを前に笑い転げる子供たちの姿を確認し、ウケ具合をはかっていたそうです。

    こうしたテレビ世代の子ども、として育った筆者にとっては、まさに隔世の感ですが...現代の子供たちは、昔ほどにはテレビを見ないそうです。むしろ、スマホやiPadから、YouTubeを見ています(笑)。

  • 過程を見せる

     

    ソーシャルメディア時代になって、ユーザーの側が得られる情報量が膨大なものになりました。これまでのような、発信者側の思惑による一方的なメッセージは、大量の情報の中に埋もれて、なまなかなやり方では、もはやユーザーに届かない、とはよく言われるところです。

    そうしたなか、いかに自社発のメッセージをめにとめてもらうか、についてどの企業も腐心しているわけですが・・・この、ちょっとしたツィートが目にとまりました。

    子供向け鉄道情報誌に掲載されたとある“文字列”をみた同業者たち「辛い」「胃が痛い」その内容とは

     

    いかがでしょう、この「キャッチ未入稿です」の悲愴な2連打。まともに考えれば悲劇的な重大事故のはずですが、なぜかユルくて笑える気もする、結果的に凄いアイキャッチになるタイトルです。

  • 印象に残るのか、記憶に残るのか (下)

     

    アフリカ系女性学者、といえば、さいきん、日本では映画の公開をめぐって騒動がありましたね。

     

    こちらの記事が、よいまとめになっています。

    アメリカ映画『Hidden Figuares』の邦題に批判殺到でドリームに変更 (サクッと情報部)

     

     

    アメリカで、あの「ラ・ラ・ランド」を超える興収記録をたたき出した大ヒット作ですが、日本人にとっては、いまひとつ身近に感じにくい素材のドラマだったせいか、配給サイドがどうも邦題に苦慮したようで...けっきょく、『ドリーム 私たちのアポロ計画』として公開が決定しました。

     

    ところが、この苦心惨憺(?)のタイトルにネットで批判が殺到。

     

    そもそも、アポロ計画とはなんの関係もない、マーキュリー計画を支えた女性たちの話なのに、「アポロ計画」はマズかった、と私も思います(笑)。

  • 印象に残るのか、記憶に残るのか (上)

    ニュースパブリッシャーが、Instagramで総売上の10%をたたき出した、という見出しに驚いて記事を覗いてみると、アメリカでの話でした。

    (記事中に大きなタイル広告が出ており、日本人の若年経営者とおぼしき男性が2名大写しになっていたので、日本国内の事例と早とちり)

     

    インスタを新たな収入源として確立した、ATTNの傾倒戦略:いまや総売上の10%を占拠  (DIGIDAY)

     

     

  • 質屋アプリ? (2)

     

    まずは物珍しさからソーシャルメディアで情報がシェアされ、半分ネタとしてやってみる人が現れ、さらにバズったと思われるのですが、コトが特にお金に関することであるので、今後、さまざまなかたちで影響が広がるかもしれません。

    サービスの立て付けとしては、入り口はメルカリなどに出品するのと同じ。しかしこちらは、売れる前に入金される感覚でまずは現金をゲットできてしまう、というのが大きな違いです。刹那のことだけを考えると、まさに錬金術ですよね。

    しかし、いざ本当にモノが次々と送られてくるようになると、それらを引き受け管理するには、相応のスペースやシステム、受け入れ体制を備えていないといけず、ここはとてもコストがかかる部分なのですが、どうも、事業者側がそれを想定していたようには思えません。サービスは、現在休止中です。

    運営会社には、当初、日本の四大法律事務所のうちのひとつが顧問として名を連ねていましたが、本日現在ではなぜか、名前が外れています。